Part0 あらまし Part3 南紀三輪崎 Part6 那智勝浦
Part1 熊野三山1 Part4 太地くじら館 Part7 ホテル浦島
Part2 熊野三山2 Part5 串本海中公園 Part8 駅、鉄道、バス
Part3 南紀三輪崎
鈴島は三輪崎漁港のそば
 故郷三輪崎に住む弟夫婦の都合に合わせて、父母の墓参りは三日目の5月12日とした。
 9時過ぎにホテル浦島を発って、勝浦駅前から定期バスで三輪崎へ。弟宅で焼香し、四方山話。仏壇横に節句の人形が飾ってあった。
代替わり里の仏間の武者人形 恵美子
 昼過ぎまで久方ぶりの墓参りを果たした。周囲の田園風景はいささかも変わっていない。
三輪崎の墓地とその周辺
 新宮港への途中、Aコープでさんま寿司弁当を求め、店のベランダでのんびり昼食とする。
 これまで何度も帰郷しているのに、新宮港は見ていない。大型観光船「飛鳥」が停泊するというくらいだから、さぞかし近代的なマンモス港と思いきや…………
 拍子抜けと同時に、「三輪崎だからなあ」と変な納得をした。すぐ西の宇久井(うぐい)港ならともかく、観光客は戸惑うだろうなあ。「ようこそ」というようなものは、景色も施設も何もないのだから。
「3時半まで所要のため留守」との張り紙。
資料等いただこうと思っていたが、ならず。
チップ工場はマンモス。人影はなかった。
 鈴島・孔島目指して海岸を東へ歩くと、すぐのところにヨットハーバーができていた。優雅にヨットを楽しむ人たちはどこから?
 故郷で一番愛着を覚える景色が鈴島だ。昔うっそうとしていた木々が貧弱になった以外は変わっていない。
 こちらから眺める鈴島は、孤高然でさわやかで田舎っぽい。幼い頃、このぐるりを泳ぎ回ったのだったなあ。今の子供はどうなのだろう。父が水中鉄砲やらの七つ道具で潜って、磯魚・エビ・アワビ・ウニ……、海の幸を豊漁したのもこの辺りだ。
 その向こうの熊野灘は、荒々しい。打ち続ける波涛が悠久に形づくってきた荒磯は、どの景勝にも引けを取らないと思うのだが。
鈴島とその周辺、その他の写真   
 鈴島から、ケーソンと呼ばれる熊野灘と内湾を遮ったコンクリートの橋を200bほど東へ行くと、三輪崎の守り神が祀られている孔島に着く。
 孔島は「浜木綿(はまゆう)の群生地」として有名だ。木々雑草が生い茂る小径は薄気味悪くもあるが、それが却って郷愁を誘う。
 神社はあまり手入れされていなかった。
孔島とその周辺、その他の写真
黒潮公園
アラカルト
朗読(4:14) on
<2.熊野三山2 4.太地くじら館>
Part0 あらまし Part3 南紀三輪崎 Part6 那智勝浦
Part1 熊野三山1 Part4 太地くじら館 Part7 ホテル浦島
Part2 熊野三山2 Part5 串本海中公園 Part8 駅、鉄道、バス
熊野処々概論 熊野処々各論 熊野古道メモ 高野坂、大戸平 三輪崎の海岸
高野坂 ふる里三輪崎 三輪崎の砂浜 熊野古道を歩く 熊野を巡る
雑記帳 小話集 山歩き 某日@某所 米国の名演説
書籍 旅日記 USA 69-70 覚え書き 俳人えり好み
「中高年の元気!」 Home