Part0 あらまし Part3 南紀三輪崎 Part6 那智勝浦
Part1 熊野三山1 Part4 太地くじら館 Part7 ホテル浦島
Part2 熊野三山2 Part5 串本海中公園 Part8 駅、鉄道、バス
Part 1 熊野三山 1
熊野本宮大社 熊野速玉大社
 到着翌日の5月11日は一日かけて熊野三山巡りをした。
 2004年(平成16年)、世界遺産に登録された「紀伊山地の霊場と参詣道」のメッカである。
 前半の熊野本宮大社と熊野速玉大社をこのパートに載せ、後半の那智山地区は次章とした。
 熊野交通のバスツアーは、JR紀伊勝浦駅前から8時30分出発。乗客全てがこのツアーを通しての参加者ではなく、途中で加わったり去ったり……平均20人程度のツアーだった。
熊野本宮大社 (和歌山県田辺市)
石段が続く。途中横に立て札があった。
熊野神社は全国に3831社分布している。千葉県が1位で……
明治22年(1889)に大水害で罹災した旧社地の大鳥居。
元地の大斎原(おおゆのはら)にかくの如し、日本一。
川ほれば湯の出る里や深みどり 恵美子
熊野本宮大社、その他の写真    
熊野速玉大社 (和歌山県新宮市)
熊野速玉大社
 社伝では、悠久の昔、熊野速玉大神・熊野夫須美大神・家津美御子大神の熊野三神が、ゴトビキ岩に降臨したという。
 その後、景行天皇の代に三神を現在地に遷し、神倉山に摂社(神社本社にゆかりの社のこと)として神倉神社を置いた。
 こうして「旧社」神倉神社に対し、速玉大社は「新宮」(しんぐう、にいみや)とよばれるようになる。
 「日本書紀」によれば、神武天皇は大和国へ攻め入る際、海路をとって熊野に上陸し、神邑(みわのむら=三輪崎)から天磐盾(あまのいわだて=ゴトビキ岩)へ登ったという。
「熊野古道」(集英社)
熊野速玉大社、その他の写真
朗読(2:30) on
<0.あらまし 2.熊野三山2>
Part0 あらまし Part3 南紀三輪崎 Part6 那智勝浦
Part1 熊野三山1 Part4 太地くじら館 Part7 ホテル浦島
Part2 熊野三山2 Part5 串本海中公園 Part8 駅、鉄道、バス
熊野処々概論 熊野処々各論 熊野古道メモ 高野坂、大戸平 三輪崎の海岸
高野坂 ふる里三輪崎 三輪崎の砂浜 熊野古道を歩く 熊野を巡る
雑記帳 小話集 山歩き 某日@某所 米国の名演説
書籍 旅日記 USA 69-70 覚え書き 俳人えり好み
「中高年の元気!」 Home