1.前置き
3.鈴島、黒潮公園
2.墓参、語らい
4.あれこれ
「雑記帳」表紙へ
1.前置き

父母の墓参り

弟の漆塗り作品

鈴島

鈴島から孔島を見る

黒潮公園の噴水

三輪崎の歴史は古い

 2016年11月24日(木)、旅の3日目。
 ふる里三輪崎での墓参をすませ、浦安のわが家へ帰る途次にある。空路利用のため、今夜は白浜空港近くに泊まる。
 帰宅は明日夕方になるだろう。
 14時18分、新宮駅発新大阪行き、特急くろしお26号の車中にいる。窓外に展開する熊野灘は穏やかに見送ってくれている。降車駅の紀伊白浜着は16時9分の予定。この2時間近くを利用して、旅のいままでを振り返ることにした。

 帰郷は何年ぶりか。備忘録代わりのわがホームページでは、前回は2009年、7年前の5月。「フリープラン・ホテル浦島6連泊」というツアーを利用したのだった。
 以来ずい分ご無沙汰したものだ。父母に顔向けならぬ長男。代わりを務めてくれている弟夫婦に感謝この上ない。

 故郷は和歌山県新宮市三輪崎。南紀熊野、紀伊半島の南端で太平洋熊野灘に面し、三重県との県境にある。
 弟は教職を終えたあとも、地域社会の仕事で忙しい。昨年3月まで三輪崎区長を務め、現在も何かと頼られている。

 さて、ふる里は浦安からかなり遠い。東海道新幹線を名古屋でローカル線に乗り継いで、最終三輪崎までおよそ10時間。これが常識的な経路だが、より経済的な往復手段はないか。
 弟夫婦の都合を確かめ、旅行誌をひも解いた結果、今回初めて航空便を利用することにした。つまり、

11月22日
(火)
羽田空港 (JAL215) → 南紀白浜空港
 (泊:ハーヴェスト南紀田辺)
23日
(水)
JR田辺駅 (きのくに線) → 新宮駅 (特急くろしお)
墓参り、弟夫婦と語らい
 (泊:弟宅)
24日
(木)
新宮駅 (きのくに線) → 田辺駅または白浜駅 (特急くろしお)
 (泊:未定)
25日
(金)
南紀白浜空港 (JAL214) → 羽田空港
 → 帰宅
朗読 (4' 45")
Part 1 (現在地) Part 2 >
1.前置き
3.鈴島、黒潮公園
2.墓参、語らい
4.あれこれ
「雑記帳」表紙へ
メール