還暦~喜寿、夫婦旅 (海外 1/3)
2001~2005年 9回
(2001-2020 累計19回)
2001-2005
(9回)
2006-2010
(6回)
2011-2020
(4回)
国内旅へ
2001~2005年 9回
中国6日間
(2002年3月)
英国10日間
(2004年4月)
イタリア9日間
(2002年11月)
ハワイ10日間
(2004年11月)
タイ6日間
(2003年3月)
スペイン・ポルトガル10日間
(2005年5月)
香港4日間
(2003年8月)
ベトナム・カンボジア8日間
(2005年12月)
東欧4ヵ国10日間
(2003年11月)
中国、6日間
2002年3月
 雑記帳第16話
 前年の小一年を十二月クラブのホームページ制作に没頭して疲れ果て、無性に旅に出たくなった。年末に四国、年初に沖縄、その次がこの旅。
 H社のツアーで、「蘇州・上海・西安・北京、6日間」だった。
 総勢65名を青(31名)と緑(34名)の2組に分けて、ぼくたちは緑組。
 ツアーエントリーから搭乗まで、一行全員ノートラブル。その間隙を縫って、ぼくたちは軽めの昼食とした。”マック”でチーズバーガー&コーヒー。
 夕食は機中になっているので、夜の空腹に備えもう1個ずつをテイクアウト。強い匂いの防御には困ったが(ラップし、さらにビニール袋に包んで辛うじてシャットアウト)、上海のホテルで貴重な夜食になった。

観光各地、その他の写真

イタリア9日間
2002年11月
 「某日@某所」
  J社のイタリア・ツアー9日間に参加した。次女を誘って妻と三人で。
 ローマ、ポンペイ、ナポリ、フィレンツェ、ヴェネチア、ベローナ、コモ湖、ミラノ。目まぐるしい駆け足旅行だった。感動も目まぐるしく連続した。詳細は「雑記帳」に、紀行文として、年末掲載の予定。
 …………
 と意気込んだが、構想倒れに終わってしまった。
 印象が強すぎたのか、まとまりのつかないまま年末年始を悶々と過ごして、筆は何ほども進まなかった。
 いずれの再訪を待つ。そのときは、新しい経験も加えて、「イタリア紀行」にしたいものである。(2003.01.31)

各地、その他の写真

タイランド6日間
2003年3月
 「某日@某所」 、雑記帳第27話
  2003年3月20日(木)、イラク戦争勃発の日に成田空港を発って、丸々4日間のタイランド。
 バンコクを起点・終点として周辺の要所を巡り、25日(火)朝、夜行便で帰った。
 本来なら自慢したいほどの旅だった。ツアーは予想外の少人数。20人以上の団体でも不思議ではないのに、ぼくたちと夫婦もうひと組の4人だけなのだ。
 に対して、現地はずっと通しの現地ガイド+ドライバー付10人乗りマイクロバス。いわば大名旅行。しかもパートナーは願ってもない気さくなご夫婦。
 天気も景色も見所も、ホテルも食事も、なにもかも文句なし。風邪でさえなければ…………
香港、4日間
2003年8月  
雑記帳第33話
 今回の旅も添乗員なしだ。出国手続き前に旅行社から簡単な説明あり。一行はなんと91人。香港到着後は3班に分かれて行動するよし。
 香港まで4時間半のフライトだった。コーヒーが出て、新聞を読んで、昼食が出て、……退屈する間もなく香港国際空港に着いた。時計の針を1時間戻して、ここは午後1時30分。
東欧4ヶ国、10日間
2003年11月
 雑記帳第35話
 11月15日、成田からルフトハンザ機でドイツ・ベルリンへ。そこを起点に8泊10日間、東欧4ヶ国の首都を巡った。
 ベルリン、プラハ、ウィーン、ブダペスト、それぞれに2連泊。昨今の異常気象のせいでもあるのだろうか、各都市の景観は寒々とした季節外れではなかった。ぼくたちにはラッキーで、天に感謝のほかはないが、やや複雑な気もした。
ベルリン(ドイツ)
ポツダム(ドイツ)
ドレスデン(ドイツ)
プラハ(チェコ)
ウィーン(オーストリア)
ブダペスト(ハンガリー)

各国各地、その他の写真

英国、8泊10日間
2004年4月
 雑記帳第39話

 千葉県浦安市の自宅で未明に起きてから、スコットランド・エディンバラのホテルで床に就くまで27時間。長い長~い一日で、英国10日間の旅がはじまった。
 翌朝から観光バスでスコットランド・ハイランド地方を起点に、旧国境を越えて、イングランドを南下の旅。
 ネス湖、湖水地方、シェークスピアの里、田舎村、ストーンヘンジ、ウィンザー城、そしてロンドン。
 最終日の4月21日午後、ロンドン・ヒースロー空港発。往路同様、バージン・アトランティック航空で、翌22日朝成田空港着。
 (「雑記帳」に詳細を記述したが、撮りためた写真を整理し直して思い出を振り返った。)

エディンバラ城
コッツウォルズ
ストーンヘンジ
ケンジントン公園
ロンドンタワー
バッキンガム宮殿の衛兵交代

各地、その他の写真

ハワイ・ホノルル8泊
2004年11月
 「某日@某所」
 2004年晩秋、ホノルル8泊の旅をした。妻は、ハワイ自体が初めてだが、ぼくは三度目のホノルルだ。
 日本では、大地震被災の新潟中越地方に初雪が降り、東京でも冬に向かって一直線、マフラー、コート姿が目立ち始めていた。
 ハワイは"常夏"と思っていたのだが……。
 わずかに四季の移ろいがあるようで、11月から雨季。折りたたみ傘をバッグに入れた。
イベリア半島(スペイン、ポルトガル)10日間
2005年5月
 「某日@某所」、雑記帳第74話
 2005年5月8日から17日まで10日間。スペイン・バルセロナを起点として、ポルトガル・リスボンまで、イベリア半島の南半分を、地中海と大平原を交互に見ながら横断したのだった。添乗員Yさんの案内で、ぼくたち二人を含む総勢29人を乗せた大型バスは、正味7日間で2500㌔走った。
 目まぐるしい旅だったが、内容と感動の濃さはいうまでもない。そのためか、写真集は仕上げたが、紀行文までには至っていない。
 紀行文挫折、もう一つの理由は、半年前から書き進めていた小説のせいだ。旅の間、片時も忘れることはなかった。旅行から帰った直後に原稿を書き上げ、それから推敲を重ねて、9月に筆を置いたのだった。「怪獣の棲む講堂物語」として、この「雑記帳」に載せてある。
 さあ、8年前にタイムスリップして、イベリア半島へ出発だ。
 スペインよ、ブエノスディアス(Buenos dias)! ポルトガルよ、ボアタルデ(Boa tarde)! ……こんにちは! (雑記帳第74話)

スペイン、ポルトガル各地、その他の写真

ベトナム、カンボジア8日間
2005年12月
 「某日@某所」
 平成17年(2005)12月11日から18日まで8日間、ベトナムとカンボジアを旅した。
 といっても、ベトナムはホーチミン市とハノイ市。カンボジアはシェムリアップ市のみ。三都市を飛行機で渡って、それぞれの名所旧跡を観光した。
ベトナム
カンボジア

 

2001-2005
(9回)
2006-2010
6回
2011-2020
4回
国内旅へ


閉じる Close

2020年5月3日