1.ホテル到着まで 「小話集」表紙
へ戻る
2.周辺の見どころ
 
1.ホテル到着まで
 紅葉たけなわの那須塩原温泉、三泊四日の旅。
 東京と那須塩原の往復は新幹線指定席で、那須塩原駅からホテルまではバスの送り迎え……というように、のんびりとした気分で旅ははじまらなかった。
 十一月二十七日、十時東京駅「日本橋口」集合にあわせて、大幅にゆとりを考え、八時に自宅を出たのだったが。いつもなら、一時間もあれば十分である。
 舞浜駅までのバスが渋滞に捕まった。時間帯からいってこれは計算済み。が、JR京葉線の事故までは想定していなかった。
 そんなことで、東京駅地下ホーム着九時四十分。気はせくが、何とか滑り込みセーフできる。
 間の悪いときってこんなものか。八重洲北改札口を出て、駅構内を案内の地図に従ったつもりだが、途中「工事中」で通行止めがぼくの方向感覚を狂わせた。どこをどう迂回したのか、駅前大通りに出てわけが分からなくなった。時計の針は十時を指している。万事休す。
 「どうかなさいましたか?」通りがかりの人が天の助けだった。地図に目をやって、「ここは全然違いますよ」。こう行って、ああ行ってと、焦っているぼくに気づかいながら、簡潔に指示してくれた。
 妻ともども息せき切って集合場所の日本橋口に辿り着いたら、時刻は十時十五分。
 それでも係の方一人が今か今かと待ってくれていて、「急いでください」。妻の荷物を抱えるや、機敏に東北新幹線の特別改札口へ速歩で先導する。ぼくたちも必死であとを追う。
 発車のベルを聞きながらプラットホームにたどり着き、「MAXやまびこ207号」に飛び乗ったのだった。
 「紀州鉄道・那須塩原ホテル」は、箒(ほうき)川のほとりにあって、六階建て、客室百はある。塩原地区に属する。
 ぼくたちは五階のツイン洋室に案内された。見晴らしがよい。
 十二時三十分。さて。
 軽い昼食のあとは箒川沿いの散策とするか。あとは温泉三昧としよう。
 そんなこんなで、やっと人心地ついて塩原温泉滞在四日間のスタートとなった。
 温泉は百l源泉といい、湯船は広々としている。露天風呂、サウナ付きは言うまでもない。
 三度の朝食は和洋食のバイキングで、三度の夕食は毎夜地の山菜で工夫が凝らされていた。
 それで費用は? ツアー参加者二十三名の満足度はそれぞれであろうが、ぼくたち夫婦は、帰る道々「よかったね」と肯きあった。
 周辺の景色や見どころは、「某日@某所 2006」に写真集をどっさり載せてある。
……………………
 この旅行は二ヶ月前に計画した。海外旅行はもとより、国内旅行でも、旅行社のスケジュールに従って慌ただしく動く旅は、いまの体調が許さない。かといって、旅のを喜びを簡単には手放したくない。
 単身の旅行は絶えて久しい。今回は二つの意味で、妻を説得した。
 大腸癌の手術後半年経過して、巣ごもりを卒業したい。その意味で次のステップへのウォーミングアップがその一。
 その二は、昨年十二月の「ベトナム・カンボジア」以来、旅そのものに飢えていた。どこでもいいからどこかへ行きたい。
 妻は解しがたいようだったが、「格安」に魅力を感じたか、反対はしなかった。
Part1朗読(07'06") on
 
2.「周辺の見どころ」>
 
1.ホテル到着まで
2.周辺の見どころ
<第30話 「小話集」表紙 第32話>
メール