最後の将軍
The Last Shogun

徳川慶喜の生涯
The Life of
Tokugawa Yoshinobu

原作: 司馬遼太郎
英訳: ジュリエット・カーペンター
英文和訳: 小芝 繁
本書紹介と翻訳者の言葉
01. 大望 10. 蛤御門の変
02. 将来の将軍を育てる 11. 家茂の死
03. 好機を逸する 12. 気のいい酒好き
04. 安政の大獄 13. 大失態
05. 殿中へ 14. 15代将軍
06. 敵を知り己を知らば 15. 降伏の決断
07. 思い切った行動 16. 大坂へ撤退
08. 慶喜のだまし技 17. 逃亡と余波
09. 運命の歯車 原作者のあとがき
07. 思い切った行動
 京都で慶喜を擁護したのは、長年の仲間であり〝三賢人〟と称される先進的三大名で、土佐の山内容堂、越前の松平春嶽、宇和島の伊達宗城だ。容堂と宗城は両社ともかつて京都(首都)では〝国家的問題指南役〟というあいまいな役職で呼ばれていた。しかしながら、今では3人とももはや信じるに足りないとされ、崇高な排外主義を見捨て今や開国し西洋軍事力を崇拝する裏切り思想の支持者だと、首都ではもっぱらの評判である。

慶喜の京都到着後、この噂が首都で野営する志士たちの間で頂点に達した。「大名であろうと、ならず者なら、ならず者として切って捨てよう」と、彼らはまくしたて、伊達宗城の宿舎である寺院の扉にどす黒い墨で描いた次の張り紙をした。

 伊豫の殿・宗城、大の裏切り者へ
 お前の言い草は残虐非道だ。悔い改めなければ、宮中勅令に背いた罰としてお前の宿舎を攻撃し、野蛮人追放で命を奪う!

 新年に入って10日目だ。丸3週間後、慶喜の宿舎東本願寺の鐘楼前にだれかが木製の小さな台を置き捨てていた。台の上には打ち首を乗せてあり、執事長の髪形で、紙切れには「一橋公へ」とあった。
 慶喜はその首が誰のかを確認した。千種家の反幕府皇族執事長で、香川はじめだ。以前彼は、井伊直弼の側近・長野主膳と共に安政の大獄執行に関わった。
 その2日前に浪人どもが彼の家に侵入し、女中を脅して、主人の在りかを白状させようとした。女中は固く口を閉ざしたので、浪人の一人が香川の息子を捕まえて、殺す格好をした。その時、香川は隠れていた二重扉の向こうの小部屋から飛び出して、自分を殺せと請うた。泣き叫ぶ息子の前で浪人らは香川の首をはねた。その後切り取った左腕を岩倉具視の邸宅に投げ入れた。岩倉は天皇の侍従で、宮中と将軍家を相容れる側に加担しているとして、過激反幕府武士団の憎悪の的だった。遂に、彼らはそのうち首を慶喜に差し出したのだ。伝言は明々白々だ。「外国勢を退治せよとの天皇勅令に従わなければ、お前もこの者と同じ運命を辿ると承知せよ」

  翌日慶喜は近衛宅を訪れた。近衛は天皇侍従で皇族の代表。従順・臆病で知られていた。「すべて何でも勅令ではないか。天皇は、そのお名前でこうした輩が犯している暴力をお許しなのか?」 慶喜は憤慨する。
 「天皇は何も知っていません」、と近衛は答える。お許しになるはずはいささかもなく、天皇は過激派と彼らを操っている長州勢を嫌っており、ご自身彼らから距離を置いています。勅令も命令も指令もその他も全ては三条実美や姉小路公知や彼ら一団の途方もないデマとウソです。彼ら志士たちは三条を「白豆」、姉小路を「黒豆」と呼び、利用しまくっています。

 危機ながら、血の気盛んな土佐の山内容堂は刀に手をやり、酒を飲み干し、怒りあらわに三条実美宅へ向かった。
 彼の家族は三条家と姻戚関係だ。実美の袖をつかんで、親戚なのだから真実を話せと強いた。「お前たちは他の者たちを天皇のご意思に逆らうと糾弾する。俺は今知りたい。天皇はそんなことを直接話されたのかどうか?」
 実美は驚愕して、遂に天皇のご意思は一切含まれていないと白状した。容堂は先へ進む。
 「西洋は軍事力において日本よりはるかに優れている。彼らを追い払うのは絶対に無理だ。このこと、天皇はご承知か?」
 「いいえ」
 「それならなぜ天皇に真実を話さないのか?お前は天皇の指南役として、その義務を負っている。そうだろう?」
 三条はくしゃくしゃになって涙ながらに言う。「容堂殿、そんなことしたら、彼らは私を殺すことになる!」
 どうやら三条もおぞましい長州勢の脅しにあって、抜け出せずにいるようだ。彼は最後にこういった。「どうか私に義務を果たさせず、私の今の立場をご理解ください」、と。

 これを聴いて、慶喜は何をおいても自分がすぐにやるべきことは京都で野営している浪人志士を把握し、統制権を取り戻すことだと断じた。会津藩主で京都守護職の松平容保を呼んで、彼らを壊滅させるために市内総じて完全武装の冷徹監視体制に入るよう指示した。
 容保は指示を聴くや、首をかすかに一方に傾げ、やっとこう言った。「できるとは思いません」。温厚な人物だから、彼は弾圧のやり方がまずいとした。彼の反対に拘わらず、慶喜は頑強に壊滅を言い張り、遂には容保に新撰組結成を強要した。市内の統制を担う幕府の浪人グループである。結果は大殺戮となろう。

 その間にも、京都に網を張る過激派の横暴ぶりは、将軍家茂邸の玄関前に野営してから3ヶ月と4日目には頂点に達していた。彼らの思惑はこうだ。天皇をたきつけて京都南部にある石清水八幡宮に参拝を仰ぎ、排外宣言と西洋人追放の誓いを得ること。当然、将軍家茂は同行せざるを得ないだろう。彼は神社の長い石段を上りつめて、境内の頂点で天皇ご自身から外国勢鎮圧の(つるぎ)を授かることになろう。そうなれば幕府はもはやうじうじしているわけにいかず、外国勢追放に向かって速やかな行動を余儀なくされるだろう。もし天皇の直接命令に従わなければ、将軍は天皇の敵とみなされ、国を挙げて非難の的となろう。つまりこれは計略で、したたかな罠だ、と慶喜は思った。

 「彼らには賢者がついているのです」、と平岡円四郎。平岡は慶喜の戦略担当で、江戸でし残した仕事を終え、慶喜を援助すべく京都に着いたところだった。
 平岡の手づるによれば、この策略は久留米の宮司・真木和泉の独創だ。日下玄瑞や長州の過激派たちの全てが彼の指示に従っている。
 彼はまたいかがわしい勅令の出もとで、これを三条実美らが布告した。「彼は異常なまでに機転の利く人物なのです」、と平岡は結んだ。
 「機転?」、とその言葉尻にうんざりした顔で、慶喜はつぶやいた。江戸では幕閣たちが慶喜を批判し、その大半が感情的で、慶喜は概ね無視していた。が、一人の批判は的を射ていた。参議の久世広周(ひろちか)で、現在参議の中では唯一の慶喜支持者だ。彼の言い分は、「慶喜が徳川家康の生まれ変わりだ言う者もいるが、それは言いすぎだと私は見る。私に言わせれば、彼は何らかの素質ある人物に過ぎない」。言い方を変えれば、芯が通っていない。

 「なるほど、久世のような人物が私について何を知っているのか?」
 この話を聞いたとき、慶喜はぼんやりと気にくわなげに思った。いま、平岡によれば、真木和泉は優れて機転の利く人物なのだ。久留米藩のどの宮司も彼を上回らなかろう、と慶喜は腹立たしく思った。

 しかし長州勢と宮中の長州支持派は思いの成就を目指して突き進んだ。同時並行で、こんなうわさが広がっていた。儀式の日に将軍家茂が暗殺されると。証拠と言っていいかどうか、過激派の廷臣の中で忠光という名の侍従が突然京都から消えた。噂によれば、彼は長州と土佐からの忠臣たちの要求に従い。行幸の列に割って入り、天皇のお駕籠を捕まえて、彼の一団がその場で将軍を惨殺するという、将軍に対する天罰の執行を直ちに彼にゆだねるよう請うことになっている。全てがよくある筋書きだった。
 それを聞いて、慶喜は天皇の神社への行幸を中止させようと試みたが駄目だった。そしてその後、彼は京都に上場に出向き、将軍に謁見し、こう言った。
 「お国のために、今回だけは天皇の行幸にお供なさらないように」
 声を低くして状況を説明する。将軍家茂は、こんな駆け引きをよしとしない純な若者だ。頬を赤らめ反対する。「それは不忠にあたろう」と。が、慶喜は主張を通した。遂に、電柱幹部たちは納得し、急病を懇願して、問題の日に彼らのだれもが城から一歩も出ないことにした。

 彼らの意見に反対した一人が京都守護職の松平容保だった。二条城に行き、こう発言した。「どんな噂があろうと、私は命をかけて天皇と将軍を守る。あなた方とその家族は武士階級の屋台骨だ。もしあなた方がくだらないうわさにおびえて城に留まるなら、幕府の威信は地に落ちよう」
 しかし慶喜は自己主張を押し通し、負けることはなかった。

 間もなくその日、1863年5月28日が来た。午前8時に宮中のお駕籠が堺町の御所宮殿を出発。行列の先頭は会津藩幹部の横山主悦で、最後尾は仙台藩の片倉小十郎が守っている。
 宮中皇族の事務方が慶喜や各藩大名たちを従えて、総勢1万人以上が行列をなして進んだ。将軍家茂と尾張藩主徳川義勝は高熱で出られなかった。慶喜は彼らの代理だ。
 行列はとべ路を曲がり淀橋を渡って、午後8時過ぎに石清水のふもとに着いた。天皇は山裾の僧侶の宿所で一休みした。
 慶喜は近くの僧侶の庵で(かみしも)を解き、くつろいだ。行事予定では、ここで数時間休憩し、その後深夜0時半に松明(たいまつ)で山を登ることになっていた。将軍の身代わりとして、何の疑いもなく、彼は最後に剣を与えられることになろう。
 子の剣は、平安時代(794-1185)に日本に導入された中国の伝統行事に依拠しており、天皇が凱旋して皇居に戻ったとき、その軍事遠征に携えたそのものだ。慶喜がそれを拝領することは、何を意味するのか。まず幕府をして軍隊を率いて外国勢が停泊している港から彼ら全てを追放し、それによりいずれは間違いなく報復措置に出るであろう西洋同盟と一戦を交える、ということ。

 突然慶喜は床から這い出て警備・付け人の中根長十郎を呼んだ。中根は父の代から一橋家に仕えている。
 「長十郎! 私は熱が出た。頭が痛い。医者を呼べ」、そう命じる。彼は吐き気を催しており、山登りは無理だ。長十郎はすぐに関係者たちにその旨伝えることにした。
 長十郎は素早く事情を呑み込み、「よかった」と言わないまでも、顔を輝かす。そしてうなずき、引き下がって、間髪を入れず慶喜の指図をやり通した。

 そのあたりの舘群に散らばって休憩していた皇族たちは大混乱となった。いまこの時に慶喜の病告白、これはまさに爆弾だった。見せかけなのか、事実なのか、彼の病は重大事に至らせる策略としか見えなかった。過激派たちは直ちに使者を送って、「天皇がすぐに顔を出せとの仰せだ」と伝えた。
 慶喜は付け人の長十郎を介してこう返事。
 「どなたに命じられようと、今この場では動くことすら体がままならない」

 別の使者がまた来たが、返事は変わらない。慶喜は使者を返したあと長十郎に向かって、「ここから出よう」と言った。ぐずぐずすれば、皇族たちはとてつもない力で彼を頂上まで押し上げてしまうだろう。慶喜は輿(こし)を用意させた。突然の退去なので、護衛も従者も付き添わず、「近くのものは誰でも一緒に来い」と言い、真っ暗闇の中、山裾の僧侶の庵を出て直ちに黒インキを塗ったような道を去った。道々、慶喜の随行者は増え続け、城南宮(じょうなんぐう)に着いたときは200人を超していた。慶喜はここで朝を待った。

 慶喜の不意を衝く退去は京都宮中の者たちを逆上させた。6日後の6月4日、誰かが三条大橋のところに落書きを立てた。
 「石清水八幡宮への行幸に際して、将軍の仮病とお守り役一橋の途中退去はどちらも許してはならない。直ちに正義の刃を下そう!」

 京都の住民はそんな争いに慣れてはいたが、信じられずに目を疑った。前年もずっと悪人に天罰をといった落書きが数知れずなされtが、一度だに将軍や慶喜を名指ししたのはなかった。落書きの主は不明なれど、そのすぐ後に長州藩主は京都を離れ藩へ帰った。やはりこれは長州過激派の仕業だったのだろう。

 慶喜は怒った。落書きには、一部だが、「この不埒な奴らは気取り屋で優柔不断で、天皇を馬鹿にしていら」とある。彼はこれまでこのようにののしられたことはない。「皇族がもしそこまで外国勢追放に躍起になるなら、私は先頭に立ってそうしなければならない」と、毒の含んだ言い方でゆっくり話した。
 どんな戦争を外国勢に仕掛けるのか、無責任な皇族に自身の目で確かめろと言いたい。慶喜の気持ちはこれ以上耐えられない。気取り屋で口やかましい奴かどうか、自分の目で私を確かめろ。

 数日後、宮中は至急通達をし、彼が外国勢の追放をなそうとしているかどうかを確かめ、決行の日取りを決めよと迫った。
 「もちろん6月25日です」と、慶喜の答え。その日が6月6日なので、闘いまで3週間しかない。宮中の使いが帰った後、京都にいる幕臣全てが恐れと疑念で、慶喜のもとに集まり、「本当にやるのですか?」と尋ねた。
 慶喜はほくそ笑んだように笑いながらこう言った。
 「外国勢追放の企み自体おとぎ話だよ。絶対できるはずがないのだから、我々のなすべき(すべ)は、いかなる準備も不可能な日程にすることだ」
 「皇居はあなたの考えと同じですかね」
 「そうでなければ」

 また別の使者がやって来た。
 「あなたが考えた日程は素晴らしい。幕府から大名に数辰するのか、それとも皇居がすべきか?」
 「皇居にそう願いたい」
 排外主義は皇居の考えだから、通達もそうあるべきで、だから、敗北とか国家崩壊とでもなれば、責任はまさに皇居ということになろう。彼は付け足す。
 「そんな状況だから、私は準備を目指して急ぎ戻らねばならない」
 慶喜は、至急首都を出発すると、皇居幹部に伝えるよう使者に託した。

 家茂は京都にとどまり、慶喜は去った。不満の声が二条城の幕臣の間で起こった。
 「お守り役がなぜ殿を一人ここに残したままで去るのか?」
 それには完全に正当な理由がある、と慶喜。
 「将軍は京都に留まるべきだ。私は外国勢追放を指揮するために去るのだ」
 外国勢追放の戦略を滞りなく進めるためだ。慶喜は、日本勢の統率を行わねばならぬ。総指揮官として遅滞なく進めるには、彼の居場所は江戸城、日本の軍事・政治の中心であらねばならない。

 京都にいる最高幹部で、今なら総理大臣級の板倉勝清でさえ、慶喜の考えを理解できなかった。一橋公は心底宮中の企みを実行に移し外国勢に戦いを仕掛けるつもりなのか? 首をかしげていた。
 大方の意見は、慶喜が真剣そのものとした。一つには、彼は江戸へ出発に際して、水戸攘夷派頭目の幹部武田(伊賀)を伴ったことだ。武田は水戸の徳川斉昭の精神的血を引いていると自慢し、周囲も認めていた。もし慶喜がこの排外最先鋒を江戸へ伴うとすれば、だれが彼の目的を疑うか?
 彼は陸路を取り、京都を6月6日に立って、その夜は東海道の土山旅館に泊まった。旅館は大名の公式の宿だった。慶喜の仲間である検察長の岡部(駿河)は別の宿に泊まった。夜中に10人の刺客が宿の庭に侵入し、岩石大の瓦礫を投げて鎧戸を壊し、「駿河の悪党岡部はどこだ」と叫んで、一斉に押し入った。岡部の部下たちが刺客と思われる者たちと闘っている間に岡部は逃げ出しかろうじて一命を保った。後の噂では、刺客群は過激派支持の皇族姉小路公知が派遣したのだった。

 彼らは桑名から海路を取り、尾張の熱田に1泊した。その夜慶喜は異なことをした。宿の離れにこもって、硯を取り出し、書状を2枚認めた。一つは長文で、もう一つは短文。
 長文は江戸の大老たち宛だ。時節伺いにはじまる丁重な公式表現で、全員の健康を期待したあと、受領した勅令の詳細を伝えて、適切な段取りにかかるよう指示した。

 短文を入れた書状の宛先は、辞任申請中の関白・鷹司スケヒロ。中身は、
 「私の現役職は、将軍の代理ではありません」
 ということで、仮に彼が江戸中に外国勢追放戦争の準備にかかれと指令したとしても、その指令自体が事実上彼の放逐に値する。
 「これしかない」、と彼は自身に言い聞かせた。彼は最高戦略指揮官であると認め、今までずっとこの策を保持してきた。そして京都を離れるとき、自己放逐の意を秘めていた。
 そのあと、慶喜は気軽に東海道を進んだ。これも彼の計画の内。京都・江戸間300マイルの道中を16日か17日かけて進み、6月23夕刻江戸に着くこと。

 到着翌日、彼は江戸城に通達した。城から西洋勢との戦いを宣言するべき日は、その翌日の6月25日だった。時間がないから、何もできるはずがない。にも拘らず、確信に満ちて、慶喜は大老・老中・外国奉行を一堂に集め、勅令を読み上げた。そしてこう言う。
 「これは天皇の勅命だ。全てのものに準備にかからせ、外国勢駆逐に向かって全力を尽くさせよ」

 それが全てだった。他に何の言葉も指図もなし。質疑を避けて、彼はすぐに城を出て妻のもとへ帰った。
 幕閣たちはうろたえ、遂にはこれは全て見上げた策略だということに落ち着き始めた。
 「排外を実行させないための一つのやり方」、と彼らは自問自答したが、そのことを思えば思うほど、この顛末は始まったばかりだと自覚した。もっと何かが起こる。

 4日後慶喜は江戸城に戻り、幕閣を集めた。彼は言う。
 「いろいろ考えた挙句、私は将軍お守り役を辞任することにした。書面はあの宛先に届けられる」
 この決心が外国勢総攻撃・駆逐命令の足元でなされ、全閣僚は押し黙った。

 「やはり、これが殿のお考えだったのだ」、と彼らは秘かに思った。京都に対する責務を果たしたとして、彼はその方策について一言も言わず、名ばかりの指令を発したのだった。それによって幕府を妨害して、為すべきことを何もさせなかった。そしてみんなが右往左往しているうちに、勅令を読み上げたその人物がこれ見よがし気に城を去ったのだ。このように、慶喜も幕府も難しい状況を無傷で、あたりに何の苦汁も与えずに脱したのだった。

 なんと見事な機転の男! この大傑作が終わって、幕閣も多くの女たちも慶喜に対し今更に畏敬の念に打たれた。彼らはお陰で無事救われたのだ。いまやすべて終わった、幕僚たちは感じた。
 しかし慶喜の傑作はまだ終幕を迎えるに至っていない。辞任した後、彼は反論に屈服し、城内の僧侶を呼んで、書道具を持ってこさせた。慶喜は自身で墨をすった。それはいつものこと。何をするにも彼は自分でやりたがり、墨の色でさえ、彼が()るとさらに黒くなった。
 最後に彼は筆を執って、京都の守護職高司に宛てて書状を(したた)めはじめた。書状は彼の辞任とその理由を含んでいる。彼はすでに同様の趣旨を熱田の鷹司に届けてあったが、今度は、彼のちょっとした行動がどういうことだったかを明らかにすべく、詳細説明を加えた。
 公式の書状形式で、こう始まる。

 「貴殿の末席の召使いたる私は、天皇から野蛮人を追放せよとの聖なる勅令を受領し、それを実行すべく江戸に戻りましたが、事実上この戦いに打ち勝てる見通しはありません」
 「そうであれ、いったん下賜された天皇のお言葉を覆すことはなりません」
 「ということで、私は他の幕閣とともに戦死すべく江戸に来たのですが、どの大老も幕閣上位・下位も、一人として外国勢駆逐に同意せず、むしろ彼らは私の方策を疑いました。彼らにとって私は、国の統率をわがものとするために論争のもとになっている混乱を制しようとしている、との見方です。この状況下で、私は天皇のご意思を全うできるとは思えません。天皇と宮中に最大陳謝し、身を引くしかありません」

 小石川の自邸に戻った後、彼は、中根長十郎、平岡円四郎、黒川きべい、そして他の最側近を呼び寄せ、彼の立ち位置を説明した。
 「これが私のやったことだ。じっくり考えてくれないか?」