ギャラリー唯の染布展にて
 記録的な大雨による奄美大島の大災害をよそに、ここ浦安はさわやかな秋空の土曜日。
 昼下がりぶらりと出かけて、「角順子 染布展」を鑑賞、思わぬ目の保養をした。新浦安駅から近い「ギャラリー唯」にて。
 写真右の女性が染色作家・角順子さん。大学の芸術学科で染色を専攻され、以来ずっとこの仕事を続けておられるプロだ。
 中央はグレース石上さん。「シニア英会話」の先生。左の男性は下谷環さん。英会話クラスの仲間である。
 まずはギャラリーの展示を列挙する。
 主として麻の布地に染色しているそうである。小さなコースターからご覧の25号大まで。
 素人目に見ても、工芸といい芸術性といい並みではないが、これからますます極められるのだろう。期待!
その他の写真
 奄美大島が一日も早く復旧しますように。犠牲者の方々のご冥福をお祈りします。
「某日@某所」表紙に戻る
メール