インターネットでホームページ「中高年の元気!」を開いてください。
「雑記帳」をクリックして、お目当ての読み物に進んでください。

「中高年の元気!」
http://chukonen.com

順番 タイトル 分類
第101話 Masa's Camino de Santiago
My Friend Masa's Pilgrimage to Santiago de Compostela, Spain.
海外紀行文
 (英文)
2016
第100話 故郷で墓参
(和歌山県新宮市、田辺市、白浜)
国内紀行文 2016
第99話 3 Days around Nagano City
(Matsushiro, Zenkoji and Iiyama Temple Town)
(第98話の英訳)
国内紀行文
 (英文)
2016
第98話 野市界隈3日間
(松代城、善光寺、飯山寺町)
国内紀行文 2016
第97話 4 Days around North Kyushu
(Yufuin, Takachiho Gorge, Aso-Kusasenri, Yanagawa, Oura Church, Glover Garden, Dazaifu Shrine)
(第94話の英訳)
国内紀行文
 (英文)
2015
第96話 Taiji Miwasaki, Days of Hayatama Steel
 第79-83話の英訳
(大学卒業から48歳で速玉製鋼中途退社までの自伝小説)
英文小説 2015
第95話 Camino de Santiago's Success
 サンチャゴ巡礼路の成功例
(サンチャゴ大聖堂を目指すスペインの巡礼路。日本の四国巡礼路との対比)
英文翻訳 2015
第94話 北九州4日間
(湯布院、高千穂峡、阿蘇草千里、柳川、大浦天主堂、グラバー園、太宰府天満宮)
国内紀行文 2015
第93話 5 Days around Okinawa Mainland
(Mangrove Forest, Cape Hedo, Kouri-jima Island, Shuri Castle, Tower of Lilies, Peace Memorial Park, Gyokusendo Cave, Ryukyu Village, Katsuren Castle Remains, Manzamo, Tree Tunnel, Nakijin Castle Remains)
(第88話の英訳)
国内紀行文
 (英文)
2014
第92話 3 Days around Tohoku District
(Nikka Whisky Distillery, Matsushima, Zuiganji Temple, Goshiki-numa Ponds)
(第89話の英訳)
国内紀行文
 (英文)
2015
第91話 2015年秋、今日この頃
(健康、食事、旅行、趣味、英文広場の創設、小説改訂)
エッセイ 2015
第90話 10 Days around Spain & Portugal in 2005
(Spain -- Toledo, La Mancha, Costa Azul, Madrid, Cordoba, Granada, Mijas, Sevilla) (Portugal -- Evora, Lisbon, Cabo de Roca, Sintra)
(第74話の英訳)
海外紀行文
 (英文)
2015
第89話 東北地方3日間
(ニッカ宮城峡蒸留所、松島、瑞巌寺、塩釜神社、裏磐梯五色沼…毘沙門沼)
国内紀行文 2015
第88話 沖縄本島5日間
(ヒルギ林、辺戸岬、古宇利島、首里城、ひめゆりの塔、平和祈念公園、鍾乳洞、琉球村、勝連城跡、万座毛、フクギ並木、今帰仁城跡)
国内紀行文 2014
第87話 房総半島・内房2日間
(菱川師宣記念館、鋸山、日本寺)
国内紀行文 2014
第86話 6 Days around Bali and Central Java
(Ubud -- Monkey Forest, Neka Museum, Ubud Palace), (Kecak Dance, Barong Dance), (Borobudur, Mendut Temple, Sambisari Temple, Prambanan, Ramayana Dance, Kraton Palace, Water Castle)
海外紀行文
 (英文)
2014
第85話 近江・琵琶湖3日間
3 Days around Lake Biwa

(多賀大社、信楽(しがらき)焼窯元、比叡山、延暦寺、琵琶湖クルージング、竹生島、宝厳寺、彦根城、長浜城、豊国神社、黒壁スクエア、近江八幡旧市街)
(和文、英文)
国内紀行文 2014
第84話 ぼくの速玉時代、エピソード
(速玉製鋼退社以降のエピソード)
小説 2014
第83話 三輪崎太地 「ぼくの速玉時代」
(大学卒業から48歳で速玉製鋼中途退社までの自伝小説)
小説 2014
第82話 小説 2014
第81話 小説 2014
第80話 小説 2014
第79話 小説 2014
第78話 登別、札幌4日間
(登別温泉、地獄谷、クマ牧場、札幌市街)
国内紀行文 2013
第77話 奥能登周遊3日間
(高岡市瑞龍寺、前田利長の墓、輪島塗工房、白米千枚田、上時国家、珠洲岬、見附島、能登金剛、ヤセの断崖、義経の舟隠し、金剛巌門、千里浜なぎさドライブウエイ、五箇山合掌集落…菅沼集落)
国内紀行文 2013
第76話 2013年9月の一日
Someday in September, 2013
(日常生活紹介、Introduction of my everyday life)
(和文、英文)
エッセイ 2013
第75話 ベネルクス3ヶ国9日間
9 Days around Benelux Countries

(オランダ…アムステルダム、チューリップ公園、ハーグ、クレラー・ミュラー美術館、キンデルダイクの風車)(ベルギー…アントワープ、ブルージュ、ゲント、ガースベーグ城、ブリュッセル)(ルクセンブルク)
海外紀行文 2013
第74話 回想イベリア半島10日間 (2005年)
(コスタ・アズル、マドリード、アンダルシア、トレド、リスボン)
海外紀行文 2013
第73話 2013年、新春雑感
(辰から巳へ、ホームページの1年、食べる飲む、電子機器、身辺のこと)
エッセイ 2013
第72話 上海と江南地方8日間
(錦渓、蘇州、無錫、烏鎮、杭州、西塘、上海)
海外紀行文 2012
第71話 4月の萩4日間と5月の中国地方3日間
(萩博物館、松下村塾、野山獄跡、東光寺、大照院、萩城跡、城下町、藍場川、津和野、萩、秋吉台、秋芳洞、錦帯橋、安芸の宮島、広島平和記念公園)
国内紀行文 2012
第70話 北陸富山5日間
(高山市内…高岡山瑞龍寺、前田利長の墓所、高岡古城公園、高岡大仏、山町筋の土蔵壁、金屋通りの家並み、五箇山界隈…棟方志功記念館、相倉集落、村上家、和紙づくり)
国内紀行文 2012
第69話 Carl the Chameleon
カメレオンのカールだよ

(ダニエル・スワンソン氏の英文原作とぼくの和訳)
小説翻訳 2012
第68話 十二月クラブとは
(太平洋戦争勃発の結果、東京商科大学(現一橋大学)を1946年12月に繰り上げ卒業即兵役となった学生たちについて)
エッセイ 2012
第67話 春の出雲地方4日間
(玉造温泉、出雲大社、フォーゲルパーク、足立美術館、松江城)
国内紀行文 2013
第66話 バルト三国とポーランド12日間
(エストニア…タリン歴史地区、エストニア野外博物館、ラトビア…リーガ歴史地区、ルンダーレ宮殿、リトアニア…ヴィリニュス歴史地区、カウナス、日本領事館、ポーランド…クラクフ歴史地区、ヴィエリチカ岩塩抗、アウシュビッツ、ヤスナ・グラ修道院、ショパンの生家、キュリー夫人の家、聖十字架教会)
海外紀行文 2012
第65話 2011年秋、今日この頃
(古希1年を超えて、最近の日常生活、書き残しておきたいこと)
エッセイ 2011
第64話 日本最果て岬巡り11日間
(佐世保、神崎鼻、西大山駅、佐多岬、鵜戸神宮、青島、しまなみ海道、足摺岬、金剛福寺、四万十川、金刀比羅宮、天橋立、日本海クルージング、東根室駅、納沙布岬、東藻琴芝桜公園、知床五湖、宗谷岬、稚内駅)
国内紀行文 2011
第63話 魚住恭蔵伝
(父・小芝繁蔵の生涯…和歌山県南・東牟婁郡三輪崎で生まれ、アラフラ海でダイバー17年、熊のとの生活、生き方)
小説 2010
第62話 小説 2010
第61話 小説 2010
第60話 小説 2010
第59話 モロッコ10日間
(マラケシュ、アイトベンハッドウ、トドラ峡谷、サハラ砂漠、フェズ、ボルビリス、メクネス、ラバト、カサブランカ)
海外紀行文 2010
第58話 台湾5日間
(日月潭、嘉義、蓮池潭、高雄、花東海岸公路、太魯閣峡谷、故宮博物院、台北、中正紀念堂)
海外紀行文 2010
第57話 真冬の北海道4日間
 函館…ベイエリア、五稜郭、夜景、朝市、元町
 洞爺湖、小樽、札幌、層雲峡(氷瀑まつり、銀河・流星の滝)、旭山動物園
国内紀行文 2010
第56話 中欧四ヶ国10日間
(スロヴェニア…ブレッド湖、ポストイナ鍾乳洞、リュブリャーナ)(クロアチア…ザダール、トロギール、スプリット、ドブロヴニク、プリトヴィッチェ湖群)(モンテネグロ…コトル)(ボスニア・ヘルツェゴヴィナ…モスタル)
海外紀行文 2009
第55話 2009年秋、今日この頃
(フォーラム、ウクライナ大使講演会、イクスピアリの10年、映画、海外旅行、読むか書くか、聴く)
エッセイ 2009
第54話 日帰り銚子・犬吠埼
(ヒゲタ醤油、銚子電鉄、犬吠埼灯台)
国内紀行文 2009
第53話 出羽三山と米沢3日間
(中野不動尊、赤湯温泉、湯殿山、羽黒山、月山、米沢・上杉神社) 「奥の細道追っかけ旅」
国内紀行文 2009
第52話 続・朗読奮闘記
(再朗読、いままで、これから)
エッセイ 2009
第51話 シンガポール5日間
(シンガポール植物園、マーライオン、セントーサ島、マンダイ・ラン公園、ジョホール・バル、オーチャード通り、ナイト・サファリ、シンガポール動物園、ナイトクルーズ)
海外紀行文 2009
第50話 山形・肘折温泉4日間
(つたや肘折ホテル、温泉めぐり、肘折こけし工房) 「奥の細道追っかけ旅」
国内紀行文 2008
第49話 AAネット
(Anti Aging Net、浦安市のシニア団体。催し2件とトピック)
エッセイ 2008
第48話 怪獣の棲む講堂物語
(一橋大学国立キャンパスの兼松講堂、ロマネスク様式の講堂と内部・外部に群れる怪獣のナゾを追う)
小説 2008
第47話 小説 2008
第46話 小説 2008
第45話 落語の話
(好みの出し物、噺家、聞き比べ、宿屋の富、寄席では味わえない、志ん生と圓生、「らくだ」を歌舞伎で見た)
エッセイ 2008
第44話 エジプト、トルコ13日間
(エジプト…ギザの三大ピラミッド、カイロ近郊のピラミッドと遺跡、オールドカイロ、アレキサンドリア)(トルコ…イスタンブール、ブルーモスク、トロイの遺跡、エフェスの遺跡、パムッカレの石灰棚、カッパドキアの奇岩群、カイマクルの地下都市、ギョレメ野外博物館、ゼルベ野外博物館、トゥズ湖)
海外紀行文 2008
第43話 Penn State 日記
(1969年5月から1年間留学した、ペンシルベニア州立大学での学生生活模様。前半部分紛失につき、後半のみ)
エッセイ 2010
第42話 フランス11日間
(モナコ、エズ村、ニース、エクス・アン・プロヴァンス、アルル、カルカッソンヌ、アヴィニヨン歴史地区、ポン・デュ・ガール、リヨン歴史地区、ブールジュ大聖堂、シャンボール城、モンサンミッシェル修道院、パリ市街、ルーブル美術館、オルセー美術館、ヴェルサイユ宮殿)
海外紀行文 2008
第41話 Penn State 便り
(1969年5月から1年間留学した、ペンシルベニア州立大学での学生生活模様。勤務先大同製鋼人事部へのレポート3通)
エッセイ 2010
第40話 新宮正春先生
(「熊野エクスプレス 28」に投稿した新宮正春先生追悼文を、加筆修正したもの。新宮先生は故郷新宮出身の作家)
エッセイ 2004
第39話 英国紀行10日間
(スコットランド…ネス湖、ウィスキー蒸留所、エディンバラ城)(イングランド…ベアトリクス・ポター世界館、ダヴ・コテージ、湖遊覧、地方鉄道、ロー・ウッド・ホテル、ハワースチェスター、English Breakfast、ストラットフォード・アポン・エイボン、コッツウォルズ、ブリストルバース、ストーンヘンジ、ウィンザー城ロンドン塔、バッキンガム宮殿、大英博物館ロイヤル・フェスティバル・ホール、ロンドン地下鉄イングリッシュ・ガーデン、アメージング・グレース、エスカレーター作法
海外紀行文 2004
第38話 半世紀ぶりやね
(大阪で中学の同期会に出席、奈良大和小泉の友を訪ねる) 第20話「大阪日記」の改訂。
エッセイ 2004
第37話 小宮山量平氏
(大学先輩で著名編集者との出会い。理論社の創業者。上田市の「Editor's Museum」を訪ねる)
エッセイ 2008
第36話 Audio始末記
(当時の自宅オーディオ装置とエピソード)
エッセイ 2004
第35話 東欧紀行10日間
(ドイツ…ベルリン、ベルリンの壁、ベルリン大聖堂、ペルガモン博物館、ポツダム、ツェツィリエンホーフ宮殿、サンスーシ宮殿、ドレスデン、ツヴィンガー宮殿)(チェコ…プラハ城、聖ビート大聖堂、カレル橋、プラハ旧市街、スメタナ・ホール、チェスキー・クルムロフ)(オーストリア…ウィーン、シェーンブルン宮殿、ベルヴェデーレ宮殿、美術史美術館、オペラ座)(ハンガリー…ブダペスト、英雄広場と周辺、クルーズ、ジプシーショー)
海外紀行文 2003
第34話 朗読奮闘記
(きっかけ、道具選び、ただ今朗読中)
エッセイ 2003
第33話 香港4日間
(九龍城塞公園、九龍繁華街見物(観覧バス)香港島観光(2階建路面電車)、上環地区散策 、九龍半島観光、黄大仙寺院、ビクトリアピーク香港島観光、レパルス・ベイ、アバディーン、ネイザン通り界隈散策、スターフェリー)
海外紀行文 2003
第32話 母校の話
(大学先輩・中村達夫氏が森有礼の私塾として誕生した現・一橋大学の歴史を自身の逸話を織り交ぜて語る)
エッセイ 2003
第31話 ストリート・ミュージシャン
(上野公園でのストリートミュージシャンとの出会いと、彼のコンサート)
エッセイ 2003
第30話 JFN四題
("JFN" はJunior Festival Netの略。が意味は形骸化して、実質『一橋大学OB、OGのインターネットサロン』、つまり、仲間うちの雑談メール広場。そのオフ会四題)
エッセイ 2003
第29話 亦楽しからずや
(取引先OBCの取引を超えた彼とのつながり)
エッセイ 2007
第28話 商東戦観戦記
(埼玉県戸田コースでの「第55回 商東対校レガッタ」観戦記。先輩・中村達夫氏にお供した)
エッセイ 2003
第27話 タイランド6日間
(ダムノン・サドゥアク運河・水上マーケット、ワット・アルン、王宮、エメラルド寺院、アユタヤ遺跡、バンパイン離宮、ピマーイ遺跡、サインガム公園、カンチャナブリ、戦場に架ける橋、ワンポー駅付近、ナコンパトム)
海外紀行文 2003
第26話 春が来れば思い出す
(大同製鋼勤務時代、45歳で脳梗塞罹病、そしてその後)
エッセイ 2003
第25話 大磯の友
(大磯に住む新宮高校同期の友を訪ねる)
エッセイ 2003
第24話 初詣をはしご
(浦安市…豊受神社、清瀧神社)(江東区門前仲町…深川不動尊、富岡八幡宮)(栃木県佐野市…佐野厄除大師)
エッセイ 2003
第23話 小夜の中山
(塚越義幸先生ご指導による「松尾芭蕉講読会」一行の芭蕉追っかけ旅。丁子屋、夜泣き石、久延寺)
国内紀行文 2006
第22話 海上自衛隊観閲式
(巡視船「いず」に乗り、海上保安庁・観閲式と総合訓練を見物)
エッセイ 2002
第21話 最上川、山寺
(蔵王御釜、蔵王温泉盆踊り、最上川舟下り、山寺、喜多方、五色沼自然探勝路) 「奥の細道追っかけ旅」)
国内紀行文 2002
第20話 大阪日記
(大阪で小・中学校の同期会に出席、奈良大和小泉の友を訪ねる)
エッセイ 2002
第19話 故郷・高野坂紹介
(故郷三輪崎と新宮をつなぐ山道。熊野灘を見渡せる。世界遺産熊野古道の一角)
エッセイ 2002
第18話 シンガポール5日間
(熱帯植物園、エリザベス・ウォーク、ラッフルズ卿上陸地点、マウントフェイバー、スリタンダユダタパニ寺院、サルタンモスク、セントーサ島、ジョホール・バル(マレーシア)、ナイトサファリ、バタム島(インドネシア)、オーチャード通り)
海外紀行文 2002
第17話 高遠、善光寺2日間
(一宮桃源郷、高遠城址公園コヒガン桜、善光寺、臥竜公園、夢バラの里、妙義山さくらの里)
国内紀行文 2002
第16話 中国6日間
(蘇州、上海、西安、北京。仕事を離れて初めての夫婦海外の旅)
海外紀行文 2002
第15話 シニアふれあいメモ
(KKR「シニアパソコン教室」の講師日記。伊豆長岡温泉と群馬水上温泉にて)
エッセイ 2001
第14話 屋形船
(H木材の「屋形船で新入社員歓迎会」に招かれた。その時の模様)
エッセイ 2001
第13話 ぼくの古文書
(大同製鋼入社当時の論文三題。「部下の欠勤…英文和訳」、「管理者とリーダーシップ」「産業訓練について」)
エッセイ 2001
第12話 ちょっとしたこと
(52歳のある日。取引先の管理者と中野駅近くの居酒屋で)
エッセイ 1993
第11話 高野坂早春譜
(いとこの葬儀と母の見舞いで帰郷、高野坂を歩く)
エッセイ 1993
第10話 IKSPIARIオープン!
(2000年夏、ディズニー・リゾートにオープンしたばかりの、イクスピアリ娯楽街を巡る。その時のこぼれ話)
エッセイ 2000
第9話 もうすぐシニア
(翌月に還暦を控えたある日、三題)
エッセイ 1999
第8話 二枚の写真
(大学時代の友人から30数年前の写真を受け取る。驚いた、那智の滝つぼで僕が泳いでいる)
エッセイ 1999
第7話 インコのピーチャンだよ
(ぼくの50代を勇気づけてくれたセキセイインコのピーチャン。その生涯を童話風につづった)
小説 1999
第6話
(石原慎太郎氏のベストセラー「弟」を読み、裕次郎氏とのご兄弟に自分たち兄弟を重ねてみた)
エッセイ 1990
第5話 砂浜(はま)
(熊野灘に面した故郷三輪崎の砂浜。幼い頃の思い出をつづってみた)
エッセイ 1991
第4話 ブルックナー
(ひと頃ブルックナーにはまった。その頃のエッセイ)
エッセイ 1990
第3話 52歳、冬
(なんでもない日々を何とか面白いエッセイにできないかと、挑戦したのだが……)
エッセイ 1992
第2話 手帳とRYさん
(取引先の社長秘書が突然お亡くなりになった。彼女との思い出をつづった)
エッセイ 1994
第1話 蛙於米加(北米で蛙を売る)
(大同製鋼築地工場で生産している鋳鋼製鉄道クロッシングは品質的に世界に冠たるものだ。その輸出可能性に挑む)
小説 1995
閉じる  Close